< HOW TO > KEEP BAG
2020.04.08 / MAINTENANCE

< HOW TO > KEEP BAG

バッグの保管方法

愛用中のバッグ、使わない時はクローゼットにそそままの状態で入れっぱなしになっていませんか?
保管方法を間違えると、型崩れや経年劣化を早める原因になりかねません。
64CLOTHの素材を使ったSIMPLICITYシリーズを例に、少しの手間でより永く使える保管方法をご紹介します。


01. 洋服用の柔らかいブラシで汚れを落とす

まずは基本のブラッシング。
強くこすり過ぎず、やさしくブラッシングしてください。
強くこすり過ぎると摩擦による色落ちや毛羽立ちの原因となる場合がございます。

02. 風通しの良い場所で陰干しをする

03. 丸めた新聞紙などを入れる

湿気取りと型崩れ防止の為、丸めた新聞紙などを中に入れます。
新聞紙は、適度に湿気を吸いインクの匂いによる虫除け作用もあるのでおすすめです。
ただしインクが内装にうつる心配があるため、柔らかい布や紙でくるんでから入れると安心です。

04. 袋に入れて保管する

クローゼットの中でほこりや他の素材とくっつくことを避けるため、不織布や通気性の良い布袋に入れて保管します。

▼STANDARD SUPPLYの収納袋も販売中

STANDARD SUPPLY / STORAGE BAG
https://egw-store.com/?pid=150055215

05. 保管場所について

保管場所は、直射日光の当たらない通気性の良い場所がベストです。
直射日光の当たる場所で保管すると変色する場合があります。


長い期間保管する場合は、ご紹介した手順を繰り返し、定期的にメンテナンスされることをオススメいたします。

より永く使っていただくために。

その他ご不明な点やご質問等がございましたらコチラよりお気軽にお問い合わせください。

SHARE